原付バイクツーリング!貧乏野宿の旅

ツーリングマシン製作記>バイク格安缶スプレー塗装方法

■新品のカウルを塗装するとなると尻込みしてしまいますが、コケて傷がついた物や、色あせてしまった物なら、思い切って自分で塗装してみては?今回は(いつもだが)、一本198円のアクリルラッカースプレーを使って、高級ウレタン缶スプレー並みの艶を出そうという作戦。うまく塗装するコツは、あせらずじっくりと、下地作りは念入りに、うす〜く何度も重ね塗り(≧∇≦)b  失敗してもやり直せるし、やってみるのも楽しいかも?

HOME
管理人プロフィール 
現在&過去の愛車
6Vモンキー
ライブDioZX風味
スーパーカブ50
NSR50
基本のメンテナンス
プラグ交換・点検
IGコイル・プラグコード交換
吸気系・キャブレター
チェーン調整・交換
ブレーキ調整・交換
リアブレーキアーム流用
タペット調整
エンジンオイル交換作業
チューブタイヤ交換作業
チューニングパーツ
エンジン・ボアアップ
吸気系・キャブレター
排気系・マフラー
足回り・サス・ブレーキ
タイヤ・ホイール
点火プラグ・電気系
外装・カウル類
ツーリングマシン製作記
リアボックス装着・塗装
OTPリアボックス取り付け
エンジンヘッド取り外し
ボアアップキット組付け
キタコPC20キャブ取付
モトラヘッド換装・比較
JUN強化クラッチ交換
電装系6Vモンキー12V化
格安缶スプレー塗装方法
ツーリング野宿レポート
日帰りプチツーリング
長距離野宿ツーリング
キャンプ・野宿用品
ツーリング用テント
寝袋・シュラフ・マット
調理器具・コッヘル
ランタン・バーナー
ツーリング・バイク用品
ヘルメット
グローブ・手袋
ブーツ・靴
レインコート・雨対策
ツーリングバッグ・ケース
関連ブログ
原付バイクでツーリング!基本は野宿
原付バイク 激安オリジナルツーリング仕様を作成
スポンサードリンク
1:今回塗装するライブディオのカウル類。ベース色もバラバラだし、パテで修正したものもあり。まずは、600〜800番の耐水ペーパーでシコシコ磨く。耐水ペーパーなので、水をつけながら。 2:こちらは深い傷があったので、適当にパテ埋めしてあります。塗装するものによっては、剥離剤で塗装をはがしたり、100番くらいの粗めのペーパーでみがくこともあります。
3:ステッカー類はドライヤーで暖めてはがすか、カッターなどで削ぐようにはがし、カウル類の艶がなくなるまでペーパーをかけます。隅々までしっかりと!油脂類も厳禁なので、シリコンオフを使うか、台所用洗剤で綺麗に脱脂してください。 4:今回はオレンジ色に塗装するので、ベース色の影響を受けやすいため、一度ホワイトに塗ります。一般的には、プラサフを吹きますが、僕の場合は使いません。なんでかって?高いから(笑)しっかりペーパーで磨いておけば簡単には剥がれないです。
5:真剣に塗る必要はないので、練習のつもりでさっと塗って下さい。この時点で、塗装のノリが悪いところや傷などを発見したら、もう一度最初からやり直し。端の方は少し濃い目に塗装しておくと、この後のペーパーがけのとき下地が出ずに済みます。 6:ホワイトを塗った後、1000番のペーパーで軽く磨きます。青空塗装のため、ゴミや虫、砂埃等の除去が目的。次に本命のオレンジで塗装していきます。薄く薄く、何度も重ね塗りを意識すると、タレて失敗することがなくなります。
7:オレンジの塗装が終わったら、乾くのを待って、1200番のペーパーで軽く磨いて、仕上げのクリア塗装。クリアは、タレる寸前くらいの厚めで塗ったほうが、艶が出やすいです。失敗の危険もあるので、自分の技量と相談してください。 8:クリアを吹き終わったら、最低でも一日は乾燥させます。一見乾いているようでも、強く押すと指紋が付いたりしますので。乾いたのを確認したら、1200⇒1500⇒2000番の耐水ペーパーで磨きます。塗装面の凸凹や、ゴミなどの除去目的。ホントに軽く磨くだけです(左画像参照)。
9:仕上げに、極細コンパウンドでシコシコ磨いていきます。粗めのコンパウンドから徐々にやっていったほうが、さらに綺麗な艶が出るかもしれませんが、面倒ですから・・。激安缶スプレー塗装とは思えないこの艶♪ 10:あせらず、ひとつひとつの作業をやっていけば、このくらいには仕上がります。ウレタンスプレーの艶にはかなわないかもしれませんが、十分満足できるはず。
簡単に説明してしまいましたが、初めての場合、失敗することのほうが多いかもしれません。
まずは、いらない物の塗装で練習してから、本番の塗装にうつったほうが安全ですね。

説明しきれなかったポイント
●とにかく下地作りは念入りに。指がツルくらい真剣にペーパーがけをしてください。
●洗剤で洗って脱脂したあとは、タオルなどでふき取ると毛羽がつくことがあるので、自然乾燥か、キッ チンペーパーを使うといいです。
●冬の寒いときなどは、缶スプレーを50℃くらいのお湯で温めると、霧化がよくなります。
●缶スプレーの動かし方としては、対象物がないところから吹き始め、左→右、右→左
音で表すと、シャーッシャ♪シャーッシャ♪←余計わかりにくいwww
●色のノリが悪いところがあっても、一点に集中させて吹かないこと。必ずタレます。
●クリア塗装後は、最低一日以上の乾燥期間をおく。一ヶ月後に磨き作業をするほうが綺麗になるという話もあるくらいなので、完全に塗装が乾いてからでもいいと思います。
●タンクなどを塗装するときは、ガソリンがかかる恐れのあるところなので、ウレタンスプレーを使う方が安全です。アクリルラッカーでも、すぐに洗い流せば、簡単には剥げないですけど・・。アクリルラッカーの上からウレタンクリアを吹くときは、十分乾燥させてからでないと、ちぢみの原因になります。←要注意!
●スクーターなどのサイドカバーなどは、普通に塗装してもはじいてしまうので、バンパープライマーを吹いてからの塗装になります。PP樹脂の類は全てこの方法で。

というわけで、貧乏格安塗装方法いかがだったでしょうか。
ここで紹介したやり方は、あくまでももっこり道流です。塗装方法については、調べればいくらでも見つかりますので、そういったサイトを参考にされてみるのもいいと思います。

今回の塗装でかかった費用
缶スプレーオレンジ198円×3本
缶スプレークリア198円×2本
耐水ペーパー5枚
ソフト99極細コンパウンド

合計2000円くらいでしょうか。全て近所のホームセンターで買いました。耐水ペーパーなどは、カー用品コーナーのものより、DIYコーナーや塗料コーナーなどのほうが安く売ってます。
時間はかかりますが、2000円ほどの費用で、リニューアルできるなら、お安いもんです^^ 一気にイメージが変わるので、楽しいですよ。


                                                      HOMEへ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー