原付バイクツーリング!貧乏野宿の旅

日帰りプチツーリング>気がつけば、埼玉県長瀞・秩父 2

■まだまだPM12:00。やっぱり午前中に出発すると、余裕がありますなぁ。しかし、ここまでの走行距離は100kmを超えようとしている。
往復200kmコースは覚悟するしかない。道路標識には【秩父】の文字。埼玉といったら秩父でしょ〜!えっ、違う!?
ここまで来たんだし、それほど遠くもなさそう。行くしかないな=3

HOME
管理人プロフィール 
現在&過去の愛車
6Vモンキー
ライブDioZX風味
スーパーカブ50
NSR50
基本のメンテナンス
プラグ交換・点検
IGコイル・プラグコード交換
吸気系・キャブレター
チェーン調整・交換
ブレーキ調整・交換
リアブレーキアーム流用
タペット調整
エンジンオイル交換作業
チューブタイヤ交換作業
チューニングパーツ
エンジン・ボアアップ
吸気系・キャブレター
排気系・マフラー
足回り・サス・ブレーキ
タイヤ・ホイール
点火プラグ・電気系
外装・カウル類
ツーリングマシン製作記
リアボックス装着・塗装
OTPリアボックス取り付け
エンジンヘッド取り外し
ボアアップキット組付け
キタコPC20キャブ取付
モトラヘッド換装・比較
JUN強化クラッチ交換
電装系6Vモンキー12V化
格安缶スプレー塗装方法
ツーリング野宿レポート
日帰りプチツーリング
長距離野宿ツーリング
キャンプ・野宿用品
ツーリング用テント
寝袋・シュラフ・マット
調理器具・コッヘル
ランタン・バーナー
ツーリング・バイク用品
ヘルメット
グローブ・手袋
ブーツ・靴
レインコート・雨対策
ツーリングバッグ・ケース
関連ブログ
原付バイクでツーリング!基本は野宿
原付バイク 激安オリジナルツーリング仕様を作成
スポンサードリンク
1:長瀞町といえばサクラ。桜の季節になると、この道両側に桜がいっぱいになるのだろう。桜のトンネルでしょうな。季節はずれだから道は空いてました 2:国道140号線を目指して走っていると、道路脇にゴムボートを発見!モンキーを木陰に駐車し、川へと通ずる細道をあるいていく。
3:長瀞町は桜だけでなく、ライン下りも有名なようです。この辺りは観光客でにぎわっており、カヌー(?)に乗って楽しむ人たちもいました。 4:9日に関東地方は梅雨入り。本日10日は、1日だけ晴れるという予報。ホントこの日でよかった。
着込んだ服が暑すぎて、川へと飛び込みたくなる衝動を抑え、国道140号へ。
5:PM12:45 距離107km
国道140号からさらに南下し、道の駅ちちぶで休憩。十数台のバイクがあったが、原付は僕ひとり。バイクに乗るような服装ではないため、地元のあんちゃんと間違われても不思議ではない(汗)
6:道の駅ちちぶからさらに南下したが、これ以上距離をのばすと、帰りに影響がでそうだったので、給油してから折り返すことにした。国道140号を北上し、大野原を右折して県道11号→82号の峠越えアタック!ここは秩父高原牧場周辺。
7:地図を見ても、どこを走っているのかわからない。間違いなく迷っている。「今はお昼だから、太陽のあるほうが南」これだけを頼りに、北東方向を目指して走り続ける。時計を見るとPM2:00
そろそろ昼飯食べるところを探さなくてはならない。
8:コーヒーを淹れなければならないため、どこでもいいというわけにはいかない。一車線ほどの道を走り続けると、小さな空き地を発見。ここを昼食地とする!!思ったより車が通り、スピードを落としながら、好奇のまなざし。その視線が痛い。痛すぎるよ〜
距離130km
9:さらに災難。蚊やら変な虫やらがたくさん!!昼飯どころじゃない。ケツも刺された。かゆいかゆい。これもアウトドアの醍醐味だと、無理矢理納得させ、遠くに見える牛を眺めながらの昼食となった。 10:30分の昼食タイムを終え、ひたすら北東を目指しながら走り、無事に寄居町を通り過ぎて深谷市へ。ここから北へ向かい、上武大橋を渡って群馬県。新田市から東へ向かい、夏用グローブ調達のため、南海部品太田店に寄ってから自宅へ。
PM5:15 無事に自宅へ到着。
本日の走行距離はぴったり200km!!でした。朝9時出発、夕方5時帰宅。わしゃサラリーマンか(汗)
そんなことはどうでもいい。

これまでのプチツーリングでは最長距離を走ったことになります。
進路選択ミスにより、距離がのびてしまった日光中禅寺湖紅葉極寒ナイトランとは違って、今回のプチツーリングでは、積極的にノリノリで走った結果、このような走行距離となりました。

日帰りなら、このくらいの距離がひとつの目安かもしれませんね。
これ以上走ると、ただただ疲れたという結果にもなりかねないし、集中力もなくなってくるし、暗くなってから走るのは、安全に関わる恐れがあります。(個人差があるので、自分の体力と相談してください。)

なんだかんだで、午前中の出発ってのは、心と時間に余裕が生まれ、いつもより楽しむことができたような気がします。コーヒーツーリングは、時間がなくて距離を走れないときのイベントとして計画したものなので、今回のようなケースでは必要なかったかもな〜とちょっと反省。荷物増えるだけだし(笑)
アウトドアメンの気分を少しでも味わいたいなら、これも楽しいですけどね。

今回は、初の埼玉県上陸。バイクではもちろんのこと、車でも訪れたことがありませんでした。
桜などの観光シーズンから外れていたことも幸いしてか、渋滞に巻き込まれるようなこともなく、交通量も少ないので、原付バイクでトコトコと走るもよし、峠道を少しかっ飛ばして走るもよし。
ツーリングコースとしておすすめできます♪

日帰りプチツーリングのコンセプトは、街乗りの延長。
ちょいと買い物にでかけ、そのまま少し遠くまで行ってみないか?と。(今回は違いますが)
そんなわけだから、服装なんかも、バイクでツーリングに行くような格好ではありません。

リアキャリアにテントでも積んでれば、ツーリングライダーに見えるのかもしれませんが、リアボックスだけだと、まさかツーリングしているだろうとは思われないだろうなと。

だからなんだということはないのですが・・・
しっかり装備で走っているツーリングライダーさんには怒られそうだし、安全面でもおすすめできるものではありません。自分の好きなスタイルで楽しめばいいと思いますけどねぇ。
いかにも「ツーリング中です!」というライダーさんとの交流がしづらいような気がしたもので。
旅先で出会う人との交流ってのも、ツーリングの楽しみのひとつでもあるだろうし、同じバイク乗りなら、話も弾みますからね。そういう機会を逃したくない人は、ツーリングライダーらしく見える格好のほうがいいかなぁと思いました。

僕の場合は、気楽な一人旅が好きだし、一人で寂しく泣いてしまうようなタイプではないので、気になりません^^ 長くなってしまったのでこのへんで終わります。
ツーリングの色々な楽しみ方を自分なりに見つけてみてください♪では、また次回=3


                                        戻る       HOMEへ

広告 [PR] カード  資格 転職 スキルアップ 無料レンタルサーバー